かめさんFX ~ゆっくりコツコツと利益を積み重ねる~

サラリーマントレーダーがFXで毎月安定した利益を得られるようコツコツ頑張るブログです。日々のトレード内容など記録しています。

チャート分析(17/6/24)

f:id:jj0730kh:20170624230013j:plain

チャートはUSD/JPYの日足です。

今週は111.00と111.80に挟まれた非常に値幅の狭いレンジ内の動きとなりました。先週5波の副次波3波の内部波動2波がスタートしたと想定していましたが、この内部波動2波は複雑な形状となりつつあります。この辺りを深掘りしていきたいと思います。

 

f:id:jj0730kh:20170624230358j:plain

1時間足で見てみます。

111.80辺りまで上昇したことで、先週から副次波1波の終点位置を見直しています。この副次波1波の上昇幅は内部波動1波の50%となっています。そこからの下落を内部波動2波と見ていますが、狭いレンジでの動きとなったためリトレイス幅はまだ31.8%にも達していません。動きは複雑になってきておりカウントが難しいですが、メインシナリオはフラットートライアングルの複合修正波としています。直近はトライアングルのe波が進行中としています。このe波が終了すれば内部波動2波も終了となるので、次は内部波動3波で上昇のターンとなります。3波の上昇はしっかりと捉えられるように気をつけたいです。

ここから下げ幅を拡大していくような展開となった場合はカウント修正が必要となります。ただそのような展開をうまくカウントできるシナリオが現状思いつかないので、そのときは様子見してカウントのヒントを得られる状況を待ちたいと思います。

チャート分析(17/6/17)

f:id:jj0730kh:20170617221651j:plain

チャートはUSD/JPYの日足です。

今週はFOMCなどの大きなイベントがあり、108.75まで下落した後、111.40まで急騰という激しい値動きの1週間でした。先週5波の副次波2波の終点と想定していた109.40を下抜けしてしまったため、カウントの修正が必要となりました。メインシナリオは今週安値108.75で副次波2波が終了し、現在は副次波3波が進行中としています。この辺りを深掘りしていきます。

 

f:id:jj0730kh:20170617223347j:plain

4時間足に落としてみます。

修正カウントは副次波2波をトリプルジグザグとしています。先週の予想カウントにジグザグを足したような形ですが、各波動の終点位置など細かく修正しています。直近は副次波3波の内部波動1波が直近高値で終了し、内部波動2波が進行中とカウントしています。

 

f:id:jj0730kh:20170617224152j:plain

1時間足で細かく見てみます。

直近は副次波3波の内部波動2波がスタートしたところと想定していますが、内部波動2波の種類はまだ判別できる段階にありません。このカウントが正しいなら、副次波3波の始点108.75までの下落は許容されます。まだ内部波動2波がスタートしたばかりでここから下落幅はまだ大きくなる想定なので、108.75までの下落は想定しておきたいと思います。ここから内部波動2波始点111.40を上抜けてくる場合は拡大フラットやランニングトライアングルなどの形が考えられます。

いずれにしても上でも下でも想定できるパターンがあるので、もう少しパターンが絞られてくるまで様子見となりそうです。大きな上昇の期待できる内部波動3波のスタートを捉えられるように、しっかり準備はしておきたいと思います。

チャート分析(17/6/10)

f:id:jj0730kh:20170610223253j:plain

チャートはUSD/JPYの日足です。

109.00、3波の50.0%辺りがサポートとなって下げ止まり、110円台に再び戻ってきました。メインシナリオはここで5波の副次波2波が終了し、直近は副次波3波が進行中としています。ここが副次波3波であるならば大きな上昇が期待できるので、ターゲットの位置などしっかりと把握しておきたいと思います。

 

f:id:jj0730kh:20170610224838j:plain

4時間足です。

副次波2波のジグザグc波はa波の61.8%を少し下抜けた辺りで終了しました。副次波1波の1.000倍は115.45、1.618倍は119.15となり、この辺りが副次波3波のターゲットと考えられそうです。

一方c波終点109.40を下抜けてくる場合はカウントの修正が必要です。この場合c波とカウントしている部分をc波の副次波1波とカウントするのがよさそうですが、そうなるとc波はかなり大きな値幅となりそうです。5波の始点108.30までの下落は考えておく必要がありそうです。

 

f:id:jj0730kh:20170610225553j:plain

1時間足で直近の動きについて細かく見ていきます。

現在は副次波3波の内部波動3波の(iii)波動目とカウントしています。内部波動1波の1.000倍はすでに達成しており、次のターゲットは1.618倍の111.35となりそうです。110.00がサポートとなってここから上昇していきそうな形となっていますが、内部波動2波の終点109.70までの下落は頭に入れておきたいと思います。

チャート分析(17/6/3)

f:id:jj0730kh:20170603112534j:plain

チャートはUSD/JPYの日足です。

米雇用統計の結果を受け、今週は結局大きく下落して引けました。直近安値近傍の110.35まで下げが進んできています。まだ安値を割り込んではいませんが、先週のカウントが非常に難しくなってきたため、メインシナリオを副次波2波進行中と修正しています。この辺りを掘り下げて見ます。

 

f:id:jj0730kh:20170603113016j:plain

4時間足です。

副次波2波を大きなジグザグとみてカウントを修正しました。雇用統計前高値でb波が終了、現在はc波が進行中としています。波動の大きさをみると、c波がa波の1.000倍で108.20となり、4波終了位置とほぼ面合わせとなります。とても綺麗な形に見えます。

 

f:id:jj0730kh:20170603113437j:plain

1時間足で細かく見てみます。

副次波2波のジグザグa波はトランケーションで終了。ジグザグb波はフラットで、フラットのb波はジグザグ-トライアングルの複合修正波とカウントしました。直近は一直線の下げとなっており、ジグザグc波の1波と考えています。このレベルはサポートされやすい位置なので、この辺りで少しもみあって2波を形成し、下抜けて3波スタートという形がわかりやすそうです。

このままサポートされて雇用統計前高値を上抜けていく場合は、改めてカウント修正が必要です。現状しっくりくるカウントが思いつかないので、大幅な修正が必要となるかもしれません。

チャート分析(17/5/27)

f:id:jj0730kh:20170527214145j:plain

チャートはUSD/JPYの日足です。

今週は111.00のサポートと112.00のレジスタンスに抑えられ、111円台でのレンジ相場となっていました。この水準は5波の副次波1波の50%押しの位置なので、もみあいで落ち着きやすい水準なのかもしれません。先週とは一転ボラティリティが小さく、トレードしにくい一週間でした。

 

f:id:jj0730kh:20170527215322j:plain

4時間足に落としてみます。

現在のメインシナリオは5波の副次波3波の内部波動3波が進行中としています。シナリオ通りならば、この上昇は最大の上昇幅を期待できる波動なので、上昇トレンドとなるならばしっかりとついていけるようにしたいです。

直近安値を下抜けるとメインシナリオは破綻してしまうので、カウント修正が必要となります。この場合直近高値で副次波1波が終了し、副次波2波が進行中とカウントするのがしっくりきそうです。

 

f:id:jj0730kh:20170527220425j:plain

1時間足で細かく見てみます。

直近の動きは、副次波2波はフラット-トライアングルの複合修正波、直近高値までの上昇が副次波3波の内部波動1波、直近安値までの下落がジグザグ内部波動2波とカウントしています。5波が衝撃波であるならば副次波3波は副次波1波の1.618倍を超えてくることになり、その上昇目安は113.30となります。まずはここまでの上昇をターゲットにして考えていきたいと思います。直近安値を下抜けてしまった場合は、5波の始点110.25までの下落をイメージしておきます。そこを更に下抜けてしまった場合は副次波2波がまだ終わっていない想定となるので、5波の始点108.30までは意識しておかなければなりません。

いずれにしても111円台のレンジ内の動きではなかなかトレードしにくいので、抜けたところをしっかりついていけるように準備しておきたいと思います。

 

チャート分析(17/5/20)

f:id:jj0730kh:20170520215129j:plain

チャートはUSD/JPYの日足です。

113円台で少しもみ合った後、トランプリスクから一気に110円台まで急落しました。ただ110.00がサポートとなり、一時111円台後半まで戻すといった荒い値動きの一週間となりました。メインシナリオは直近安値で5波の副次波2波が終了し、現在は副次波3波が進行中としています。

 

f:id:jj0730kh:20170520215849j:plain

4時間足で細かく見てみます。

副次波2波はジグザグだったとカウントしています。ジグザグc波はa波の2.618倍を越えてかなりの大きさとなりました。この2波は1波の61.8%を少し下抜けたところまでの修正となっています。

副次波3波の上昇目安を考えてみると、1波の1.618倍が119.80となります。5波が衝撃波ならこうなる可能性が高いはずですが、自分で書いていてちょっと考えにくい上昇幅となってしまいました。エンディングダイアゴナルなどのパターンになることも考えておこうと思います。

その他のシナリオとしては、まだジグザグa波形成中というパターンも考えられそうです。その場合はa波の内部波動5波が進行中とカウントできそうです。直近安値を下抜けるような値動きとなった場合にはこのカウントがメインシナリオとなるかもしれません。

 

チャート分析(17/5/13)

f:id:jj0730kh:20170513230759j:plain

チャートはUSD/JPYの日足です。

2-4チャネルラインに丁度タッチした辺りから反転下降を始めています。4波終点からのここまでの上昇幅は1波の1.236倍近くまで達しており、トランケーションでここで5波が終了という考え方もできなくはないと思いました。メインシナリオは5波の衝撃波形成中ですが、4波終点を下抜けていくパターンとして頭の片隅に置いておきたいと思います。

 

f:id:jj0730kh:20170513231642j:plain

4時間足に落としてみます。

直近高値で5波の副次波1波の衝撃波が完成し、現在は副次波2波が進行中と想定しています。副次波1波の衝撃波は終点がほぼ2-4チャネルライン上にあり、内部波動4波終点が61.8%の位置となっていてかなり綺麗な衝撃波の形状となっています。次の2波の終点目安としては、1波の内部波動4波終点(112.10)、1波の半値戻し(111.35)辺りを想定しておこうと思います。

f:id:jj0730kh:20170513232521j:plain

1時間足で細かく見てみます。

直近は2波の副次波a波が進行中だと想定しています。まだ大きな戻しもなく淡々と下げている状況なので、修正波のパターンも全く絞り込めません。絞り込めそうなヒントが出るまでは、少し様子見をしておきたいと思います。